公開講座TOP > 基礎知識 > 耐久性

これだけは知っておきたい家の技術と性能 耐久性

家づくりにおいて、構造や部材が長持ちすることはもちろん、いつまでも美しさを保てることも重要なポイント。長年にわたっての維持管理のしやすさも見極めておきましょう。家の性能のひとつという考え方が大切なのです。

  • sumai smile メンバーズに登録して、情報をクリップしましょう!

長寿大国・日本。でも家の利用期間は平均30年と短寿命なのです。

日本人は世界でも有数の長寿を誇ります。しかし家の利用期間は30年しかなく、30歳で家を建てれば、60歳でまた建て替えを考えなければならない計算になります。
これはイギリスと比べれば半分以下の寿命で、資産として家を見た場合にもあまりに短いサイクルといえます。
価値を持続させ、暮らしのゆとりを保つためにも、これからは永く住み継いでいける家を選ぶことが大切。個人の資産としてはもちろん、家を社会の資産として捉えた場合にも重要な考え方だと言えます。

減失住宅の平均築後年数の国際比較

適切なメンテナンスによって、家の価値は大きく違ってきます。

家の美しさ、快適さを保つためには、適切なお手入れや修繕が欠かせません。そのためには、点検やメンテナンスが行ないやすいように工夫した、しっかりとした家づくりが肝要です。
そしてメンテナンスは計画的に取り組むこともポイント。メンテナンスの記録を履歴として残しておきましょう。補修すべき箇所やリフォームも検討しやすくなり、結果的に労力と費用を小さく抑えられ、わが家の寿命と価値を維持・向上させることにつながります。また履歴が明確な物件は価値も高く、新しい住まい手に引き継ぎやすくなります。

履歴記録のイメージ