公開講座TOP > ライフスタイル・ラボ > 子育ち子育てLab > 等身大の子育ち・子育ての家

お役立ち情報局 - 等身大の子育ち・子育ての家:「小林さんち。」訪問記

「小林さんち。」ってご存知ですか?子育て奮闘中の小林さん一家が、実際に暮らすことを考えて計画されたモデルハウスで、積水ハウスの関東・住まいの夢工場に建っています。

子育ち・子育てや家事のしやすさなどが細かな部分まで工夫されていて、家づくり検討中のリピーターが多い、隠れた人気スポットなんです。さて、どこが人気なのか。ママレポーターの岡村さんに現地を訪問していただきました。

家族が集まりやすそうなリビングって思ったら、床がくぼんでるんだ!

床が一段下がっていると、何となくこの場所に誘われるっていうか、座りたくなりますよね。ソファもいいけれど、私はペタンと床に座ってお喋りしたいなあ。子どもたちはここが遊び場、パパはごろんと寝転ぶのが大好きになりそう(笑)。

そうそう。子どもが小さい頃は、畳の部屋があるってイイのよねぇ。

客間としてだけじゃなく、子どもの遊び場やお昼寝にも和室って重宝するのよね。床を高くしてあるから、キッチンに立つママと視線が合いやすいんだって。小さなおもちゃも下の収納にしまえて、いつもスッキリ暮らせそうなのも魅力!

子どもと一緒に勉強できて、私も好きなことができる場所って大切よね!

学校のプリントを貼ったりブログを書いたりできるママステーション。だけど、小林さんちの凄いところは、このコーナーが家の真ん中にあること。隅っこだと何となく使わなくなっちゃうけれど、ここなら家族の勉強コーナーにもなりそう。

区切られているけどオープンな感じ、こんな子ども部屋ってイイかも!

小林さんちは、女の子と男の子の二人きょうだい。まだ幼いから「寝る部屋」と「勉強・遊び部屋」という分け方にして、ゆくゆくは個室に変更するみたい。なるほど、きょうだいが一緒に過ごす時間って一生の宝モノになるもんね……。

まだまだお伝えしきれないアイデアがいっぱい!

「小林さんち。」間取り図

小林さん家。見学申込み受付中

さらにとっておきの事例をご紹介!