公開講座TOP > ライフスタイル・ラボ > トモイエラボ > いまどきパパは、賢く効率的に家事に参加中!

こだわり研究 theme.07 いまどきパパは、賢く効率的に家事に参加中!

  • sumai smile メンバーズに登録して、情報をクリップしましょう!

家族と一緒に過ごす時間を何より大切にしたい。

できるだけ家族との時間を充実させたい。そんな家族ラブ≠ネ思いを強く持つ男性=いまどきパパ(アラウンド30世代)が増えてきています。実際の調査でも「家族と過ごす時間が何よりも大切だ」と答えた、いまどきパパは90%以上。他の世代パパ(アラウンド40世代、アラウンド50世代)に比べて、高い割合となっています。

また、単に家族と過ごすだけでなく、家事にも積極的に参加するのが、いまどきパパの特徴。「家事はできるだけ夫婦ふたりで一緒にしたい」という思いも他世代パパを引き離して40%を超えています。いまどきパパは、家族で家事を一緒にすることで、夫婦や親子での豊かなコミュニケーションを育んでいきたいという考えがあるのではないでしょうか。

パパが仕事を頑張って、ママは家事・育児に力を注ぐ。今やそんな従来型の男女の役割分担の考え方が薄れ、これまでの通念にこだわらずに行動するジェンダーフリーな暮らし感覚が広まりつつあるのです。

家族と過ごす時間は何より大切だ

家事はできるだけ夫婦ふたりでしたい

「分担」と「共同」。2つのスタイルで上手に家事参加。

パパの家事実施頻度

では実際に、 いまどきパパはどのように家事に参加しているのでしょうか。ここでポイントになるのが、分担≠ニ共同≠ニいう2つの家事スタイルです。分担≠ヘ、ひとつの家事をパパが主体となってまとめて引き受けるスタイル。共同≠ヘ、ひとつの家事を夫婦で協力し合って行なうスタイルです。パパとママでは、それぞれ得意な分野も異なりますから、この2つのスタイルを上手に使い分けることが大切です。

たとえば積水ハウスが行なった調査の結果を分析すると、比較的特別な技能を要しない「食器洗い」や「ゴミの分別・処理」「お風呂掃除」「洗濯」などはパパが受け持つこと(分担スタイル)も少なくなく、「調理」などの専門知識や技能を必要とする家事では、ママが主体となってパパが協力すること(共同スタイル)が多いようです。そして、この分担≠ニ共同≠フスタイルは、住まいづくりの工夫にも関係してくるのです。

食器洗いやゴミ出しはパパ家事の定番!

洗濯をまとめて引き受けるパパも!

ライフスタイルカタログ「トモイエ」

カタログを請求する

暮らしのデザイン「共働きライフ」

暮らしのデザイン「共働きライフ」を今すぐ見る

「すまい・すまいるメンバーズサイト」とは

パパが家事参加しやすい住まいの工夫とは?