公開講座TOP > ライフスタイル・ラボ > 庭暮らしラボ > 樹木や草花を確かめにお散歩ガーデンへ

お役立ち情報局 - 樹木や草花を確かめにお散歩ガーデンへ:納得工房 エクステリア&ガーデンスペース

積水ハウスの総合住宅研究所 納得工房では、大小さまざまな庭の実例をご覧いただくことができます。鳥や蝶を招く樹木や実のなる樹木、生垣に適した樹木やグランドカバーに適した植物なども、図鑑で見るのと実際に見て触れるのとではイメージの広がりかたが違います。

庭づくりのヒントに出会いに、ぜひご見学ください。

わが家の「シンボルツリー」は、家族で決めよう。

庭を考えるうえで最大の愉しみといえば、庭の主役となる「シンボルツリー」選び。住まいの表情の決め手にもなる重要な役割の樹ですから、外観と調和する樹形の美しいものを選ぶのがコツ。ぜひ、ご家族みんなで選んでください。季節ごとに大きく枝を伸ばす姿は、想い出の風景になるはずです。

鳥や蝶を招く樹木を植えたら、季節がぐんと身近になる。

「野鳥の庭」「蝶の庭」では、鳥が好んで訪れる樹から蝶が好む香りや蜜を持つ草花まで、自然とつながる植物を育てています。野鳥のさえずりで目覚めたり、木の実をついばみに訪れる姿で季節の巡りを知る……そんな暮らしを庭から始めてみませんか?

生垣の樹木は、葉のテクスチャーや色で選ぼう。

"緑の塀"として、住まいを柔らかく遮蔽してくれるのが生垣です。樹木選びのポイントは、葉のテクスチャーや色。和風の家には落ち着いた濃色、洋風の家には明るい色の生垣が似合います。葉の大きい樹木はボリュームを出しやすく、葉が細い樹木は繊細な印象になります。
さらにここでは、いろんな寄せ植え・グランドカバーの素材もご検討いただけます(写真手前コーナー)。

寄せ植えにする樹木は、管理の手間を考えて選ぶのがコツ!

高さ50cm前後の低木を何本か密に植えて愉しむのが、寄せ植えです。とくに樹木の足元に下草や低木を寄せ植えにするとナチュラルな表情が高まります。花を咲かせる樹を入れて、庭のアクセントにしてはいかがでしょう。

500種以上の樹木や草花を、お散歩しながら見て確かめませんか?

庭は「空の下のもうひとつの部屋」であり、通りに面するエクステリアは「住まいの顏」……つまり、想像以上にわが家らしさを物語り、居住性を左右するのが住まいの外まわりなのです。納得工房は理想の住まいのありかたを楽しく実感できる体験学習施設ですから、エクステリア&ガーデンスペースでも500種以上の植物をお散歩しながら見て確かめていただけます。まずは施設の見学をお申込みください。

納得工房 見学のお申込みはこちら

あなたのお近くにも役立つモデルハウスが!