公開講座TOP > スペシャル・レポート > キッチンの工夫

ひとりでも複数でも作業しやすいって本当!?「セパレートキッチン」の魅力を大調査。

コンパクトで使いやすい!そんなプランも可能です!!

ワークカウンターが二列になると、どうしても広いスペースが必要になるのでは?そんな心配をされる方もおられるのではないでしょうか。ところがセパレートキッチンでもコンパクトなプランニングは可能、工夫次第でT型キッチンと大きく変わらないスペースとコストで実現することもできます。

ほぼ同じスペースでセパレートキッチンを計画することが可能!

さらに引出し収納は、2列のカウンターの下を食器収納として活用するアイデア。重い食器を高い場所に持ち上げることもなく、出し入れが簡単。引出しを全開すると中身が見渡せるので、その日に使う食器もスムーズにチョイスできて便利なのです。

また、左のようなプランにすると、カップボードスペースがなくなり食器類やストック食品などの収納場所に困るのではと思われる方もおられるでしょう。そこでおすすめなのが、キッチンクロークとカウンター下の引き出し収納です。キッチンクロークはダイニング側から見えない場所に幅1mで設けるパントリー風のスペース。ストック食品や調理道具、分別ごみ箱などが納められ、オープン棚なので全体がひと目で見渡せて使いやすいのが魅力です。

見渡しやすくだしいれしやすいキッチンクローク
食器収納に便利なカウンター下の引出し収納

たとえば、こんなセパレートキッチンはいかが?

セパレートキッチンの魅力について、実感いただけたでしょうか。だた、ひと言でセパレートキッチンと言っても。さまざまなプランニングが考えられます。ここに代表的な事例を紹介しますので、我が家のキッチンづくりの参考としてご覧ください。

コンロ側のカウンターを窓までL字型に伸ばした、開放感溢れるセパレートキッチン。窓辺のカウンターは、外の景色を眺めながら気持ちよく朝食を取れるスペースになります。

シンクカウンターに連続させるようにダイニングテーブルを配置したセパレートキッチン。できたてのお料理を、さっとテーブルに並べやすく、後片付けもスムーズなのが魅力です。

対面カウンターを設けたセパレートキッチン。忙しい平日の朝食も、テキパキと済ませることができます。また、食事に時間差がある場合も、家族それぞれが自分で準備や片付けをおこないやすいのが特徴です。

まだあまり見かけることの少ないセパレートキッチンですが、採用するモデルルームなども除々に増えてきています。実際に体感いただき、使い勝手の良さを実感していただければと思います。セパレートキッチンを検討される場合は、ぜひ1帖ほどのキッチンクロークもセットされるのがおすすめです。分別ゴミ箱や調理家電の収納がしやすくなり、キッチンがすっきりとまとまりますよ。

「おいしい365日」